2020年「省エネ基準適合住宅の義務化」

皆さん、ご存知ですか?

国(国土交通省、経済産業省、環境省)では、「低炭素化社会の実現」の方針に基づき、2020年より「省エネ基準適合住宅の義務化」を実施する予定です。

この義務化がされると、2020年以降において一定の基準に適合していない住宅は「不適格」みなされて、資産価値を大きく落とす可能性があります。
そして国は、省エネ基準を大きく上回る省エネ住宅【ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)】を日本のスタンダードな住まいとするように推進しています。

義務化の2020年は2年後ですが、すでに多くの住宅建築業者が、省エネ基準を標準でクリアした家を建て始めています。そして、省エネ基準適合住宅はもちろん、ZEHなどの基準も踏まえて住まいを建てることも考慮する必要があります。

そのような中、清建では「省エネ基準適合住宅」の施工技術の認定資格を取得して、住宅建築に取り組んでいます。

省エネ住宅で新築やリフォームをご検討されている方は、是非 清建 にご相談下さい。